第一話:ケチっ夫(プ)とShade3D ~ケチっ夫(プ)こうしてパース屋になった~



どーも ケチっ夫(プ)です




Nomal2 +0.03.jpg


最近、ボチボチPCのたまりに溜まったデータを整理中


ゴミも多いが、これまでの結晶も多い


ケチっ夫(プ)は、大学卒業後 都内の設計事務所に入所

そこで、3D担当になった


大学で使っていたのは、Vectorworksで

事務所で使っているのは 「Shade」という当時全く知らなかったソフト

所員も所長と測量担当、あとは他事務所で働きながら

ヘルプで来ているスタッフ2人


3Dを僕に教えてくれる人などいなーい

ということで、誰もいない事務所でもくもくとネットサーフィン

検索ワードに、【Shade】の文字を入れてもヒットするサイトは多くなかった

ヒットしても、欲しい情報は得られないという状況


所長には作品提出期限を宣告されるも、

なにせ基本操作すら怪しく

3D画面に酔いしれていたw

正確に言うと、巧くコントロールできないので

画面がジェットコースターのように、グルンぐるん・・・


ソフトに添付されていたガイドを見ても だ・か・ら~!!

その間の過程が、その設定の仕方がわからんちゃにっ!

と一人ぶち切れ


あれからかれこれ12年の歳月が。。。

だいぶ成長したな フムッ(自分で自分を褒めてやりたい)


独学一筋で何かを極めて行く人って改めて凄いっすね(賛)


で、話はもどりPCのデータの中からこれまでの

足跡をこの場に記録してみようと思い立ったわけで

少しずつ奮闘の日々を(現在進行形)時々書いてみようと思います



TOPの絵は、バーの雰囲気にあこがれていた時期

練習と研究を兼ねて作ってみた作品

焦点距離のぼかし具合など色々試してみました

そちらは後日


そんな頃から、3Dの奥深さに取り込まれていったわけです

その後独立して、パース屋として活きる

まさかまさか、自分がパース屋になって食べていけるなんて思いもしなかった



上記作品にモーションつけて、遊んでみたw







See u next time^^





この記事へのコメント